出展をご検討中の方へ

出展メリットなどをご案内します

TOP > 出展のご案内 > 出展をご検討中の方へ

貴社の売上拡大・販路開拓に絶好の場

【特長1】受注・販売のための商談展

※バナークリックで詳細ページへ遷移します

【前回 商談風景】製品の受発注やOEM商談が行われました

決定権を持ったバイヤーが来場

本展には、仕入れ決定権を持った、有力バイヤーが購買を目的に多数来場するため、その場で売上に直結する商談をすることができます。

本展は、出展社と来場者との商談を目的とした展示会です。

本展では、毎年非常に多くの来場者から「座って具体的な商談をしたいので、ブースにテーブルと椅子を設置して欲しい」との強い要望が寄せられています。従って、すべてのブースに1セット以上の商談席を設置し、商談を行っていただくことになっております。

【特長2】新年最初の売込みの場

その年にヒットする製品をどこよりも早く仕入れて、店頭で売出したいという購買意欲の高いバイヤーが多数来場します。
新年最初に貴社製品を売込む絶好のタイミングです。

前回(2018年 1月)来場者の声

(アンケートより一部抜粋、順不同)

前回(2018年 1月)出展社の声

(アンケートより一部抜粋、順不同)

【特長3】同時開催展により、あらゆる業界のバイヤーに売込めます!

世界35カ国から1,310社*が出展!

会場レイアウト図 (幕張メッセ)

<同時開催展>

*出展社数・国数・製品数(共同出展社を含む)および来場者数は、同時開催展を含む2018年10月15日時点での最終見込み数。
開催時には増減の可能性があります。

「水増し無し」の憲法

弊社はこの憲法に則り、来場者数を厳正に集計します

来場者数発表の基本理念

  1. 来場者数の水増しをせず、正直に発表します。これは出展企業に対する義務であると考えます。
  2. 数字の水増しは、見本市の内容の偽装であり、出展企業に対する詐欺行為であると考えます。
  3. 見本市の終了直後に、来場者数だけでなく、「集計方法」も厳密に文書で発表します。

数え方の三大原則

  1. 会場に来場し、登録の際に受付で提出された名刺1枚を、1名と数えます。
  2. 一度登録した人が会期中に何度来場しても、1名としてしか数えません。
  3. 出入口を通過するたびに集計機械などで数える方法は、実質上の水増しと見なします。したがって、そのような集計方法は採用しません。

【認証の仕組み】

  1.  展示会終了後、公認会計士が“展示会受付で提出された名刺の数”と“主催者の発表数字”が同じであるかを確認。
  2.  さらに、無作為に抽出した名刺に電話をかけ、来場したかどうかを確認します。
  3. 公認会計士の調査結果を「日本展示会認証協議会」が審査し、「主催者が発表した来場者数は正しい」と認定。左記の認証マークが交付されます。

本展は年2回(春展・夏展)開催!ぜひ両展にご出展ください

今後3年の開催スケジュール

出展社数の推移

(同時開催展を含む)

まずは資料をご請求ください

以下の資料を無料でお送りします。

前回 来場者リスト/前回 出展企業一覧/会場レイアウト図/出展費用 見積り/ブース装飾プラン…など